モルダバイト体験談のブログ
ブログまるごとモルダバイト体験談!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不可能を可能にするブブ
私は運動不足で、どうにかしたいとはいつも思っていたのですが、どうにもできないでいました。

「町を歩き回っても限界があるし、お金も使っちゃうし、
スポーツジムへ行ける体調じゃないし、
家で運動しても大した運動にならないし、続かないし、
はぁ。」

なんて思って結局何もせず、ヒーターの前でまんまるこになってため息ばかりです。

「どうしたらいいんだろうねー。」

するとブブが言いました。

軽く準備体操をして、河原へ運動に行くぞ。

「何ー。
この寒いのに?
ヤダ!」

私も寒いの嫌です!

さむい><!

俺だって寒いのは嫌いだ。
でも、こいつ(きみちゃん)の体のために我慢して行く。

おい、
行くぞ。


「本気で行くの?」

えー!

えー><!

「ま、いっか。
行こか、みんな。」

えー!!

えー><!!

それでみんなで河原へ向かいました。
しかし私には今ふらつきがあるので、ブブはベルを呼び出し、ベルに私の外出をサポートさせました。

頼むぞ、ベル。

ベルは私の体を動かし、安全に河原へと導いていきます。
河原に着くと、私は何とも言えない解放感とリラックス感を感じました。

こいつはいい。
ここはかなりリラックスできるな。


何だか私の体が、河原の自然を思いっきり求めている感じです。
ベルは私の体を考慮して早めに切り上げて帰り、家まで安全に私を導きました。

ベル、ありがとうな。

「ありがと、ベル。」

無事に家に着いて、私はすっきりしました。

体が冷えただろう。
しょうがを入れたあたたかい金柑茶を作ってやる。


ブブは金柑としょうがを用意して、ぱぱっとお茶を作りました。

「おいしい♡」

河原へ行ってよかったな。
わかったことは、町のほうはかなり圧迫感があることだ。
お前の体には河原の自然の解放感のほうが合ってる。


「そうだよね!
全然町と違ったね!
やっぱり自然はいいね!」

今のお前には自然の力が必要だ。
これからなるべく毎日河原へ行くぞ。


「行けるかな?
私、すぐさぼりそう・・。」

大丈夫だ。
俺が何とかしてやる。
お前には今ふらつきがあるし、体調に波もあるから、それは河原に行くのが難しいときもあるかもしれないが、
俺は「不可能」という言葉が嫌いだ。

すべては「可能」だ。
信じろ。


どこまでも強いブブであった。
コメント
この記事へのコメント
おぉ\(◎o◎)/
作ったんですね~(*´ー`*)

私もチャレンジしてみます~(*´ー`*)
2017/01/22(日) 10:24:43 | URL | 蓮 [ 編集]
Re: おぉ\(◎o◎)/
蓮ちゃん、こんにちはー☆

そうなんですよ!
金柑茶作りました~☆
なかなかおいしかったですよ!
いろいろアイデアをありがとう!!
2017/01/22(日) 16:15:55 | URL | 「きみちゃん」 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。