モルダバイト体験談のブログ
ブログまるごとモルダバイト体験談!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハピネスの切ない想い
さっきセシルがハピネスを統合しましたが、私はハピネスのことが少し気にかかりました。

「ハピネスは消えたの?
セシル。」

消えてないよ。
私と統合したんだ。


「・・・。
最後にハピネスの言葉を聞きたいな。」

いいよ。
少しだけね。
・・ハピネス。


すると、セシルから分離してハピネスが出てきました。
彼は壁にかけてあるハワイの絵をしばらく見ていました。

美しいですね。

そう言って、目を閉じてこう言いました。

私はあなたを愛していました。
きみちゃん。
セシルに比べれば、それは短い間でしたが、
でも楽しかったです。
あなたと過ごした日々が、何より幸せでした。


彼はそこで涙をこぼしました。

私の想いは叶いませんでしたが、これからはセシルとなり叶っていくでしょう。
もう、このような形で話すこともないかもしれません。
あなたと笑いあうことも、ないかもしれません。

それでも、あなたのことだけをいつも考えていますよ。
たとえ私が消えてしまうことになっても。


そのとき、お部屋にかけていたCDからシェネルの「サクラ」が聞こえてきました。

もう桜の季節も終わりですね。
最後にあなたと美しい桜が見れたのがよかったです。


私はそのとき感じました。
セシルは詳しくは言いませんが、統合とは消えるも同然のことなのかもしれないと。
だって、もう今までのように話もできないのだから。
ハピネスは私の思考を読んだのか、こう言いました。

私が桜のように散ってしまっても、どうか悲しまないでください。
私は幸せですよ。
とても。
どうかセシルと幸せになってくださいね。
それだけが私の幸せなのですから。


彼は最後に小さく笑って、そしていなくなりました。
私はさみしくなりました。
今までハピネスがいなくなることはありました。
でも今度は本当にいなくなる気がしたのです。

・・・。
桜を見たら、ハピネスのことを思い出すといいよ。
彼との思い出を。


「・・・。」

大丈夫だよ。
彼は消えないから。
彼はいつも君の内にいるから。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。