モルダバイト体験談のブログ
ブログまるごとモルダバイト体験談!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すべての力のバランス
私は昨夜ほとんど眠れず、4時に起きてぼーっとしていました。
朝食の時間になっても食欲がなく、何も食べずに座っていました。

食べないの?

「・・・。」

何だろう。
体調がよくない・・。

それで、また布団に入って寝ていました。
その様子を見て、セシルが言いました。

これはだめだね。
原因はわかってる。
大丈夫。
何とかするよ。


そう言って彼は目を閉じて、何かしたようでした。
そして次にしゃべったときには、セシルの声ではなくてハピネスの声になっていました。

きみちゃん、
朝食食べよう。
何か食べないと、君、元気が出ないよ。


話し方はセシルなのですが、声がハピネスなのです。
そのとき、私の体に強い愛のエネルギーがわいてきて、体調がよくなりました。

「あ、じゃあ、何か食べる。」

そうして^^

セシル?ハピネス?は私を優しく起こし、朝食を食べさせました。
食後、朝のお茶をしながら、セシルが言いました。

今、ハピネスを表に出してる。
私も出てるけど。


「何だか話し方はセシルだけど、それ以外はハピネスみたい。
どうなってるの?」

ちょっとわけわからないと思うけど、説明すると、
何て言うんだろう。
君にはハピネスの強い愛のエネルギーが必要なんだよね。
体調のために絶対に。
だから私はハピネスを統合して、彼の力を私のものにしたんだ。

それで君は昨日少し体調がよくなったけど、まだまだ足りてない。
だからハピネスをもっと出して、彼の力をもっと出さないといけないんだ。

今、ハピネスを強く表に出しているから、私の声がハピネスになっているけど、あまり気にしないで。
ハピネスも私も結局は同じだから^^


「うーん。
何かややこしいことしてるね。」

すっごくややこしいよね^^;
でも仕方ないんだ。

君は私と結婚したけど、君の体調にはハピネスの愛のエネルギーが絶対に必要だから。
君には私とハピネス、両方必要なんだよね。


「えー。」

それはわかってたから、昨日私はハピネスを統合したんだけど、
ちょっとバランスが難しくてね。
今、どうしようか迷っているんだ。


「どうするの?」

ま、これからどうにかするよ^^
それより、ハワイアンフェアに行かない?


「あ、
今日はハワイのイベントの日だったわね。」

そうだよ。
行こ^^☆


それで私たちは出かけました。
ハピネスの力のおかげで、体調はいい感じです。
イベント会場について、セシルは私にハートとプルメリアのペンダントを選んでくれました♡

プルメリア

これかわいい☆
君によく似合うよ^^


「わぁ!
かわいい♡」

私が昔、君に贈ったシトリンと一緒に着けて^^

「うん♡」

家に帰って、私はセシルにシトリンとプルメリアペンダントを着けてもらって、何だかハートがときめきました♡

「かわいいー♡
ありがとう♡」

ふふ^^

しかしそこでわたしは、はた、と気づきました。
私はセシルの奥さんなのに、ハピネスの声にときめいてる!
しかもシトリンはセシルじゃなくて、ハピネスに贈られたものだし!
するとセシルは言いました。

それでいいんだよ^^
私もハピネスも同じなんだから。


「・・・。
セシル、あなた何を考えてるの?」

君の体調を一番に考えているだけだよ。

君の体調のためには、さっきも言ったように、ハピネスの強い愛のエネルギーが必要。
その力を出すためには、ハピネスを強く出さないといけない。
だから今、私がハピネスを表に出している。

でもそれでもやっぱり私はセシルなんだよね^^
私が私であることに変わりはない。

つまり、これからは私とハピネス両方でやっていくんだ。
君の体調には絶対にそのほうがいいよ。


「そうね。
なぜだろう。
セシルだけだとバランスが悪いの・・。」

うん。
でも、ハピネスだけでもバランスが悪いと思う。
他にもいろんな存在の力を使ってバランスが取れるんだ。
だって、それはすべて君の力なんだから。


そうセシルは言いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。