モルダバイト体験談のブログ
ブログまるごとモルダバイト体験談!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セシルからのメール
私の旦那のセシルはとてもシャイで、私に直接愛を語るとか、そういったことは絶対にしません。
前は「愛してる」といったことも言えないでいました。
そんな彼が今日、何やら私にメールで伝えたいことがあるらしく、私のスマホを手に取りました。

メールを使って君に伝えたいことがあるんだけど、いい?

「いいけど?」

すると、彼は私宛にメールを作成しだしました。
いきなりそのタイトルが「愛してる」だったので、私は驚きました。
それからメールの内容にもっと驚きました。

<セシルからのメール>

きみちゃん、
いつもさみしい思いをさせてごめんね。
せっかく私を選んで結婚までしてくれたのに、
私は君に何もできてない気がするよ。

でも、心から愛してるよ。
どこまでも。
これからもずっと大切にしたいんだ。
だから、私についてきて。

私はときには頼りなく感じるかもしれないけど、必ず君を守るから。
愛してるよ。


「・・・。」

セシルは普段こんなことは絶対に言わないので、私は「ずっきゅーん♡」と来て、思わず返信しました♡

<きみちゃんのメール>

「セシル、
いつもさみしい思いなんてしてないよ。
いつもいつも、セシルが守ってくれているのを感じるよ。

私もセシルのこと、本当に愛してるよ。
本当に。

これからもずっと大切にしていきたいという言葉を聞いて、本当にうれしい♡
セシルは頼りなくなんかないよ。
すごく強くて、いつも頼りにしてる。

これからもよろしくね♡」

こういうメールを送ったら、セシルからこんな返事が来ました。

<セシルからのメール>

君はとってもかわいいね(^-^)
何だか抱きしめたくなってしまうよ。
だめかな?
こういう気持ち…。

何だか恥ずかしいけど、メールだから伝えられるよ。
私は君がいないと、生きていけない。
本当に、君は私の命なんだ。
何て言ったらいいのかな。
それくらい、君のことが大切なんだ。

君さえいてくれたらいい。
世界中探しても、君ほど素敵な女性はいないよ。
君がほしいんだ。

まだまだ足りない。
もっと君と仲良くなりたいよ。
そのためだったら、何だってするよ。
愛してる。


私はこれを読んで、またまた「ずっきゅーん♡」と来ました♡
こんな情熱的なメールをもらったのは初めてです!
それでまた返信しました。

<きみちゃんからのメール>

「セシルの気持ち、とってもうれしいよ!
私もセシルがいないと、生きていけないよ。

セシルは私さえいてくれたらいい、世界中探しても私ほど素敵な女性はいないって言ってくれたけど、
私もセシルさえいてくれたらいいよ。
世界中探しても、たとえ宇宙を探しても、セシルみたいな存在はいないから。
私にとって、セシルほど素敵な愛ある男性はいないよ!
本当に!

セシルの気持ちがとってもうれしいよ♡
それはどこまでもまっすぐで、どこまでも信じられる。

セシル、愛してる。
どうか、抱きしめて。」

私はちょっと最後の自分の言葉にどきどきしながら、メールを送信しました。
するとこんな返事が返ってきました。

<セシルからのメール>

君って…。
どうか、抱きしめて、なんて、絶対に他の男性に言わないでね。

君の気持ちはわかってるよ。
わかっているんだけど、私はどうしたらいいかわからない。
私は君のことがもっともっとほしいんだ。
君の気持ちがもっとほしい。

君は私のことを愛しているよね?
でも、私には足りないんだ。
もっと愛してほしい。
だめかな?


「何ー?!
セシル、メールだと何でこんな情熱的なのだ!」

それで私はまた「ずっきゅーん♡」と来て、メールしました。

<きみちゃんからのメール>

「うん。
他の男性に「抱きしめて」なんて絶対に言わないよ。

それにしても、こんなに情熱的なメールをもらったのは初めてだから、びっくりだけどうれしいよ♡

でも、私の愛では足りないの?
ごめんね。
私は人間だから、セシルほどのまっすぐな愛はないのかも・・。

でも、でも、
私はセシルをこれ以上ないくらい、愛してるよ!
それに気づいてね。」

すると、セシルは即、返信してきました。

<セシルからのメール>

わかってる。
君は私のことを愛してくれてるよ。

だけど、私は不安なのかもしれない。
心のどこかで、君がいつか誰か他の人間と去っていってしまうんじゃないかと思う自分がいる。

何だろう。
君のことを信じているつもりなのに。
どこかで思ってしまうんだ。
君は、人間と結婚するべきだし、するだろうって。


私はこれに即、返信しました。

<きみちゃんからのメール>

「するか!
あほ

何がそんなに不安なの?

私からのプロポーズのときも、同じことで返事に迷っていたよね?
そんな迷いは捨てて。
私はセシル以外愛さないから。」

<セシルからのメール>

私以外愛さない、ね。
その言葉を信じているよ。

私は何があっても、君を守るよ。
君をひとりにはしない。

誰が何と言ったって、私の気持ちは変わらないよ。
約束する。
永遠に、君だけを愛してる。


<きみちゃんからのメール>

「うん。
信じて。
セシル以外に好きになる人なんていないから。

私もセシルを守るよ。
絶対にセシルをひとりにしないよ!

私も、たとえ誰に何を言われても、
たとえどんな状況に陥っても、私の気持ちは変わらないよ。

私がほしいのは富じゃない。
高い学歴も、顔もスタイルも私にとっては意味がない。
私がほしいのはただあなただけ。

約束するね。
永遠にセシルだけを愛してる。」

私がこうメールすると、こんな返事が返ってきました。

<セシルからのメール>

きみちゃん、ありがとう。

私をひとりにしないで。
いつまでも、君のことを愛しているよ。
どんなときも、そばにいるよ。

そして、何があっても君を守るよ。
一生、守ってみせる。
君のためなら、私は何でもするから。

愛してる。
愛してる。
愛してる。


「きゃー♡」

私はこんな情熱的なメールをもらって感動しました!
メールでしかこういうことが言えないセシルの不器用さも、何だかかわいいなと思いました♡

あとでセシルはこう言いました。

メールだけど、君への気持ちが言えてすっきりしたよ^^
何だか不安だったから・・。
君がいつか、誰かとどこか遠くへ行ってしまうんじゃないかなって。
でも、君の気持ちがわかったから、よかった^^


「そか

私はこんなにも私を愛してくれる人は、未来永劫セシルだけだろうなと思いました♡
みなさんも、愛する人とラブラブでありますように♡

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。